SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がんの新治療法、新薬、新術式の紹介ブログ

がんを治す、癌を癒す、ガンと闘うための情報収集にご利用下さい。末期がん でも 余命宣告でも まだまだ可能性は追求できます!!
<< がん根治治療に繋がる新発見 | main | 乳がん新薬で大幅に余命延長 >>
がん増殖の原因物質を抑える抗がん剤新薬

抗がん剤アフィニトール(一般名:エベロリムス)の 新規格「アフィニトール錠2.5mg」が新発売された。

「アフィニトール」は、mTOR阻害剤という種類の分子標的薬の抗がん剤だ。

mTORとは特殊なたんぱく質で、 細胞の増殖や血管の新生を促す信号が がん細胞内に入った際に情報を伝達する働きがあり、 がん細胞内にある過剰に存在している。ある の司令塔のような役割を担っている。 mTORが働くために、がん細胞が際限なく増殖するのだ。 mTOR阻害剤である「アフィニトール」は、 mTORの過剰な働きを抑制することで がん増殖を抑える分子標的薬に分類される抗がん剤新薬だ。 「アフィニトール」は、日本では初めて承認された経口のmTOR阻害する抗がん剤で、 その効果効能は、がん細胞の増殖抑制と血管新生阻害とされる。

現在「アフィニトール」は、世界90か国以上で承認され、 日本では乳がん、悪性リンパ腫、肝細胞がん、 「消化管または肺原発の進行性神経内分泌腫瘍」を対象として治験が進められている。

アフィニトールは、2010年1月に根治切除不能または転移性の腎細胞がんの治療に対して、 その効能効果が承認され、「アフィニトールR錠5mg」が既に利用されている。 その後、2011年12月には膵神経内分泌腫瘍の治療に効能追加が認められていた。 さらに、2012年11月21日には結節性硬化症にともなう「腎血管筋脂肪腫」 および「上衣下巨細胞性星細胞腫 」の効能追加を取得した。

新規格「アフィニトール錠2.5mg」は、 治療関係者の要望から容量の加減が可能になった新薬なのだ。

| がんの新治療法 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。